« 2012年4月 | トップページ | 2012年9月 »

奥さんのブログかホームページを見てください(笑)

最近、ブログが更新されてないけどと、お問い合わせいただきますが、理由は簡単。サボっているだけです(笑)

ということで、これからも私のブログはボチボチペースですので、近況その他、生活暴露は奥さんのブログをご覧ください。

『私の旦那は占い師』

http://mamanmiyuki.cocolog-nifty.com/blog/

ということで、とうとう頻繁に書かない宣言までしてしまった。

|

占い師になるということ。自戒を込めて。

ちょっと占い師をしてみようか、という方がいます。気軽にです。占い師には公的な資格というものがありませんので、極端な話し、明日から私は占い師ですと言えば、それで始められます。ただ、あまりにも安易に占い師になることを考えている方がいます。

占い師になるということは、人の悩みを聞き続けるということです。それもずーっとです。悩みがあるから占い師に問いかけているのです。例外を除けば。

それなのに、相談者の悩みを聞くのがウンザリだと文句を言っている占い師がいます。

悩みを聞き続けるというのは、いつもウキウキ、ハッピーなものではありません。

悩みを聞き続けることができること、それがずーっと終わりなく続いても、その人が少しでも良くなるためには、どのようなアドバイスができるかを考え続けられること、ときには諦める選択を提案すること、これが占い師には最低限必要なことです。

占い師を始めてみたものの、悩みをずーっと聞き続けることが苦痛になる方がいます。その方は占い師には向いていません。仕事を変えるべきです。そのストレスから、占い師としての仕事がいい加減になる人、相談者の喜ぶことだけを占いを根拠とせずに言う人、相談者を脅したり怒鳴る人、相談者と一緒に暗く落ち込む人、様々ですが、やはり占い師には向いていません。

最近、あまりにもヒドイ状況を目にしたので、自戒を込めて書きました。

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年9月 »