« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

星占いってなあに?

久しぶりの占星術の授業を前に、占星術の話題でも書かないとまずいなあ~ってことです。

ということで97年前の本の内容を少し。

考星学とは、一定の時における天体の諸現象と、地上における人事百般との関係を研究し、未来を予測する学問である。

この学問の現状から、その活用範囲を述べると、

①個人の性格や運勢(生時考星学)

②社会または国家の主な出来事(国家考星学)

③気象および地震現象(気象考星学、地震考星学)

④商売の成功失敗、株式金融の状況(商業考星学)

等に分類することができる。

本書においては、主に第一のもの(注:生時考星学)を扱う。

これは学習の順序として好ましいだけではなく、“人間の正当なる学問は人なり”という格言が妥当であれば、この分野を先にすることは正しい順序だろう。

あるいは一歩進めて説くならば、人の性質の複雑さや、その表現の様々なことなど、自然の力が自由に交わって万華鏡的な作用を示す状況(注:ホロスコープの状況)を理解すれば、性格を知るだけではなく、人間の心の力を転換して適性のある進路に就かせることできるのである。

“生時考星学”の効用は、正しくこれに外ならない。

すなわち個人が天から与えられた特徴を発揮して、生きていく上で最小抵抗の経路(注:最も相応しい生き方)を発見し、宇宙における自己の精霊の大きさと、努力して到達する限界を自覚させるものである。

本書を書くにあたっては、欧州の諸先輩の書、特に英国の考星学者セファリアル師の書に負うところが多いのではあるが、一つ一つ自分の経験と照らし合わせて、自分の学んだ結果を加えているところも少なからずある。ゆえに真面目に、この学問を学ぼうとする者には、大いに役立つだろうと信じる。いうまでもなく、この学問の全部を紹介することはできないが、説き示す限りにおいては、精確で信頼できるものである。

しかしながら、これは必ずしも盲従することを勧めているのではない。盲従は学問で敵である。読者は批評の眼で本書を調べるべきである。自分で、これを経験に照らし合わせ、十分な証拠を得て、始めて本書に述べてある事柄を批評することができるのである。盲従してはならないが、自分で努力もせず、この学問の根本を疑うことは、学問を学ぶ方法とはいえないのである。」

隈本有尚著『天文ニ依ル運勢豫想術』東海道書店刊の緒言の一部より。それとこれはコピペではありません。念のため。

※考星学(こうせいがく)は、現在の西洋占星術のことです。

*占星術とは天体現象と地上の出来事との関連を研究して予測等に生かすことである。

*占星術を研究することで、その人物の適性を生かすことができる。

*占星術に盲従すべきではない。自分で調べて確認した上で批判したり、活用したりすべきである。

まあ、こんな感じでしょうか。最初の二点は、占星術を学ぶメリットでしょう。

天体の運行と人の人生が関係しているなんて、にわかには信じられませんが、これが学んでいくと、驚くほど関係していることを知ります。何年も学んでいると、そういう単純なことを忘れがちになりますが、ド田舎の自宅から見上げる満天の星空が不思議な気持ちを呼び覚ましてくれたりします。

また、私は現在満41歳ですが、10代の頃にホロスコープを読んだ時点では、どうもピンとこないなあという点が多くあったのですが、これくらいの年齢になると、あれはああだったんだ、これはこのことだったのね、という発見があります。で、結局は大枠はホロスコープの示す暗示の人生を歩んでいることに驚くのです。まあ、死ぬ直前になって、なんとも占星術って当たってるのねと実感が増すかもしれませんが。

それと、緒言の自分の適性を生かすことの背景には、単純な性格的適性だけではなく、先生のバックボーンである人智学的な魂の活かし方が意図されています。

ところで現在の西洋占星術は、様々な発展をしています。心理学との融合、科学的な検証、伝統古典の復興、新しい理論の構築などです。そのどれも真面目な研究であれば大変良いことだと思います。

いや~、この真面目で地道な研究ってのは本当に大切ですね。最近も痛感しております。真面目な研究は何年たっても色あせない!地を這うごとく研究された成果は、今も燦然と輝いています。

2月6日から久しぶりに占星術の授業が始まります。この緒言に書かれている内容を、どこまで実現できるか不明ですが、できるだけ頑張ります。

|

あんた何を教えてんの?

ということをお聞きになる方が多数おられます。

実のところ私は先生などというのはガラじゃありません。万年、生徒ですし、実際に自分ではそう思っています。

最後の注意書きをよく読んでくださいね。

☆九星気学の講義内容です。

陰陽論の解説
五行論の解説 
十干、十二支、九星、八卦の解説
九星盤、九星飛泊の解説
万年暦の見方解説
九星象意:一白~九紫象意の解説
傾斜法による性格判断
傾斜法秘伝
会話から察知して九星を活用する方法
移転方位選択法
年齢による影響の変化
太極論
応期  
用気法 
仮移転 
お水取り
対冲法  
移転方位を選び出す演習
実例解釈
大運法、流年法、流月法
流月危険期
花買い法
神殺使用法と優先順位
各流派の秘伝の紹介
制化法
三合応用法
五黄殺について
方位効果をもたらす時間的変化と環境的変化
健康病気
土地建物の購入時期
月盤による運命判断
九星日時盤鑑定法
など~。

☆西洋占星術の講義内容です。
ネイチャー、2区分、3区分、4区分
牡羊座、獅子座、射手座の解説
牡牛座、乙女座、山羊座の解説
双子座、天秤座、水瓶座の解説
蟹座、蠍座、魚座の解説
天体論概説
太陽と月
水星
金星と火星
木星と土星
天王星、海王星、冥王星
ヘッドとテール
アスペクト論1
アスペクト論2
複合アスペクト(チャート・パターン含む)
1ハウス~6ハウス
7ハウス~12ハウス
出生図の作成方法解説
ハウス関連の見方
ハーフサム解説
性格の見方
金運の見方
仕事運の見方
恋愛運の見方
相性の見方
結婚運の見方
病気の見方
事故運の見方
進行法の原理解説
ソーラーアーク、1日1年法、トランジットによる時期判断の見方
三重円読解訓練(実例研究多数)
グラフィック・エフェメリスを使った未来予測と出生時間の修正方法解説
イレクショナル占星術(結婚、開店、起業、HPやブログ開設の吉日時選定)
など~。

☆手相の講義内容です。
手相の基本
主要な手のひらの線と名称と作用
手の体温、肉付き、手のひらの長さ
手のひらの丘と手の領域の意味
指が示す性質
手のひらの中央部、火星平原の観察
手全体の形と頭脳線
頭脳線
流年法
生命線
感情線
マスカケ
運命線
太陽線
水星線
結婚線
影響線
火星線
人気線
向上線
旅行線
金星帯
太陰環
木星環
土星環
火星環
記号:島
記号:星、十字
記号:四角
結婚の時期
手相判断のコツ
性格判断
適性判断
金運判断
恋愛運判断
結婚運判断
健康運判断
など~。

で、た~まに問い合わせがあるのですが、いつもいつもとぼけるわけにも参りませんので以下です。

☆その他、考星塾内での講義内容です。
西洋式日本式インド式数秘術
姓名判断(断易方式、発音数霊方式、占星術方式)
家相術(日本式、中国式など。例えば病相法など)
易術(ヘボ易もどき)
可変式ディレクション(ハーベーさんのです)
など~。

<注意>
これらは非公開講座で現在開講中ですので新たな募集はしていません。
また、私のヘボ講座ですので過度な期待はしないでください。
問い合わせがあるのですが、はぐらかしていると、
なんだかもったいぶってると誤解されそうなので書きました。
私は自慢じゃありませんがヘボです。
すごい秘伝なんて持っていません。
すごい秘伝などを期待される方は素晴らしい他の先生に習ってください。
まあ、なんとなくのんびりとして楽しく受講できるかもしれません。
これは謙遜では無く事実です。

|

何が正しいのか

求めようとして力が入ると、自らを限定化し対象をも限定化する。

力が入るといけない。

無為、無求の求、これがなかなか難しい。

「師の跡を求めず、師の求めたるところを求めよ」

私には、そんな高尚なことはできない。

だから、ま、いっかでいこう。

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »