« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

日本が誕生した時間

某先生の素晴らしいブログに僭越ながらコメントしてしまったので、思い切りついでにこちらにも載せます。

日本の国が誕生した日時には様々な説があります。

今のところ統一した見解にはなっていないようです。

※全ての基準地は、東経139度45分、北緯35度39分とします。

以下は、小曾根先生のご著書によります。

1868年 5月 3日 討幕軍の江戸城入城
1868年 9月 3日 江戸で政務の詔(みことのり)
1868年11月26日 天皇陛下の江戸城入城
1869年 5月 9日 天皇陛下の江戸城再入城※一度、京都に戻り、再び江戸城に入る。

ここからは、日本の占星術界の大先輩である訪星珠氏の文献☆からです。
訪星珠氏は、その著書『社会占星学』P1~P2で「当時の貴族院議員だった方の証言や、秘話にもとずいて、筆者が推定した時間」としています。
GHQの介入などで曖昧なところもあるそうです。

1889年 2月11日10:30JST  大日本国帝国憲法発布☆
1890年11月29日                大日本国帝国憲法施行
1946年10月 7日00:14JST 日本国憲法、貴族院で可決☆
1946年10月 7日14:53JST 日本国憲法、衆議院で可決☆
1946年10月29日         日本国憲法、枢密院で可決☆
1946年11月 3日          日本国憲法公布
1947年 5月 3日          日本国憲法施行

日本国との平和条約 Treaty of Peace with Japan 昭和27年条約第5号(サンフランシスコ講和条約)
1951年 9月 8日                全権委員によって署名され、その後国会承認と内閣批准
1952年 4月28日                発効 日本国内では、条約第5号として公布

また、Nicholas CampionのTHE BOOK OF WORLD HOROSCOPESでは、
1889年 2月11日12:00LMT TOKYO
1947年 5月 3日12:00LMT  TOKYO
1952年 4月28日13:30GMT  TOKYO 
としています。

さて、この中のどれになるかは、今後の研究が必要だと思われます。

|

世界と占いと

陰陽道家高橋先生の講座に行ってきました。高橋先生、一番前に座ってしまいすいません。

予想した通り、とても大きな収穫がありました。

高橋先生が復元されておられるものは、占いと世界をどのように認識するのかといった根本の命題に切り込むものだと僭越ながら思いました。

ユーミンの歌ではありませんが「目にうつるものすべてがメッセージ」というのは簡単ですが、さてそれはどういう構造になっており、そのメッセージから何が読み取れるのか。さらには、その構造を把握することにより、今度はこちらから対象に対して作用させることができるようになるのか。

そのために、古代から数や幾何学、目に見えない媒体などをコントロールしてきたのでしょう。

古代からの照応というものが、単なる気のせいか関係妄想としてかたずけられない、何かしらのものを含んでいると考えると、これはとても重大なことのように思えます。

意識とは関係性そのものであり、そもそも実体というものはなく、すべてと関係しており、その意識のカギは認識と識別にあり、意識というものの一時的な集合と離散がすべてであるという妄想を考えたくなります。

ああ、しまった。

高橋先生のご講義は学術的なものであり、私の妄想とは一切関係ないことを申し添えます。

|

歌手HAさん

この方は日本の女性トップアーティストといってもいいでしょう。

最近は一時期の勢いはないようですが、それでもトップといっていいと思います。

耳が悪くなっておられるそうですね。

私は好みの音楽ではありませんので、よく存じ上げません。

この方は13歳くらいから運気が良くなっています。

しかしながら2009年くらいから徐々に運気が落ちだします。

特に2009年後半からの落ち方は心配です。

お若い方なので体調面では心配ないと思われますが、

なんらかのスキャンダルが発覚するかもしれません。

2009年9月~2010年前半は非常に危険です。

この低下の流れを引きずりながら、2011年以降は、

それまでの上げ潮運から相当に低迷してしまいます。

今まで築き上げてきたものを失ってしまう運気です。

皆さんに人気のある方なので、僭越ながら自重されることを願います。

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »