« 玄通子先生 | トップページ | 悪いことが重なる日 »

子供が手相を気にして

私には子供が3人いるのですが、ある日、一番上の子が部屋の前に立って、「生命線が短いと早死にするの?」と聞いてきました。

即座に、「そんなことはないよ。必ずしも生命線の長さと寿命とは関連しない。それよりも線の濃さ、線の深さ、あるいは手全体の様子を見ることだよ」と答えました。

その後、その話を聞いた真中の子と一番下の子が手相を聞いてきます。一番下の子は幼稚園なので聞いているフリだけです。この真中の子は夏休みに図書館で手相の本を読んでいたそうです。母親によると。

そして、一番上の子を交えて、自分の右手のひらを見せながら、ここは木星丘でここは太陽線というのだよ、と教えました。

で、翌日、今日ですが、学校から帰ってきた子どもたちに、手相のこと学校で話したの?と聞くと、話したとのこと。しかし、それ以上詳細を語ろうとしません。

はは~んと感じて、こういうことを世間に話すときは、どういう態度で話すべきかを教えました。

いずれ経験するであろう世間の風当たりと、その対処法を、今のうちに知ってもらいたいと願います。

|

« 玄通子先生 | トップページ | 悪いことが重なる日 »

日常」カテゴリの記事