« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

個人の能力

先ほどの記事を書いた次に、まったく矛盾するようなことを書きます。

一歩先の占いにふれるには、やはり「参入」することが必要なようです。

私が占っているのではないことに気付かされます。

私がなんて不遜ですよね。

|

占い的EBM

古書の一部を変更しながら抜粋します。

「門人の鑑定的中せざる由を述べたるに翁其書取を見て曰此次第ならば的せずんばあらず然ば方角の違にてもやあらん試みに過去の死別を一二ヶ条聞たしと篠原氏曰何年前に死別あり又何年前にも有しと翁曰然らば坤艮なり若然らば当年火難ある筈なりと篠原氏曰当春貸家類焼すと翁曰然らは坤艮に必せりと茲に於て篠原氏生家の生井へ往反する毎に磁石を以て能く是を見しに午未の間と子丑の間とに当れりと・・・」

EBMとは医学で使われる用語だそうです。

根拠に基づいた医療 EBM evidence based medicine

医療行為の効果、医療行為の結果の予測などが、臨床の現場では必ずしも予測された結果にならない場合があります。EBMとは、この疑問を解決するために、新たな臨床研究、実験、観察により、客観的な根拠を求めようとする考え方だそうです。大事なことは、既存の理論や経験、権威者の判断などに盲目的に依拠することなく、目の前の疑問を客観的なデータによって再評価しようとする姿勢にあります。

古書に見られる判断の再検討は、原始的な形ですが、学ぶべきものがあります。翻って、現在の占い現場では、この根拠に基づく処方がされていないのが現状です。私も含めて反省すべきだと思います。

ただ、占い的な検証で注意すべき留意点があります。占いのシステム自体に間違いがあるのか、占いのシステムを扱う人の扱い方が間違っているのかという点です。後者については、その個人の習熟度によることになります。困るのは前者です。

占い的検証で困ることは、占いのシステム自体に間違いがあっても、その占いのシステムを扱う人の能力が高い(あるいは強力な磁場のようなもの?信念?)ために、間違いに気付かない点です。ここで整理しますと、

1、(一応)客観的なレベルでの整合性が保たれている占いシステム

2、中心となる人物及び、その集団にのみ作用している占いシステム

3、その個人のみに作用している占いシステム

もちろん、運用する点では2や3が作用していても何の問題もありません。満足のいく結果がでればいいわけです。しかしながら、占いを研究するのであれば、1をあぶりだすことを目標にすべきだと思われます。ただし、そんな風に都合良く分離できるものなのかどうかにも疑問があるところです。また、2や3を随意に意図して構築できるのであれば、これもアリということかもしれません。

研究は大事、しかし研究した結果、新たな錯誤体系の信念化に突っ走ってしまうのも困りものです。自らを反省します。

|

天文ニ依ル運勢豫想術p90

※カタカナ→平仮名、当時の漢字→常用漢字(一部混在)にしています。

生時と曜の東出又は南中との間に於て子午圏を通過したる赤経の度数(概算の為には黄経)は生時より曜の影響が優勢なるに至るまでの年数に等し。即如へば、若し木星が生時に於て子午圏に来らむとしつつあり(第十、第十一、第十二室中にあり)とせば、先づ黄道帯に於ける度次の赤経緯表を披き、木の黄経を執り、之に対応する赤経を求む、之より生時に於ける中天の赤経を減し、座遷の弧を得、即ち是を好運の来る年齢なり。

この文章をわかりやすく考えてみます。

赤経の度数1度=1年だとして木星とASC軸とMC軸との赤経の度数差=その年齢が好運期であるわけです。

ここからわかることは、自転運動を予測の基軸においていたことです。

また、この文章の前段には、読者に対して分り易くするために球面三角の説明は省くとなっています。もしかすると、コーレヴ氏が復活させているプライマリー・ディレクションのことかもしれません。

ちなみに先生は、レクティファイの後に使用すべきだと述べておられます。

|

占い構造の相似

四柱推命の命式=占星術のネータルチャート=インドのラシチャート

四柱推命の大運=占星術のプログレスやフォーダリア=インドのダシャー

四柱推命の流年=占星術のトランジット=インドのゴーチャラ

生年月日によって固定されたもの

生年月日によって固定されたものから展開されたもの

万人共通のもの

|

数などなど

数が順番通りだと良い。

数の順番が乱れると悪い。

黄金の比率に近づくために、フィボナッチは収束するように近づくのでしょうか?

ペンタゴンの神秘に驚いています。

|

ハウスなどなど

インドでも8ハウスは敗北、挫折など一般的に良くありません。

西洋でも8ハウスは死だとか地獄の門、テュポンの住まい?だなんてあります。

テュポンなんて、いろんな説がありますが魔神です。

ただ、視点を変えると、オカルト的な変容の場所でもあります。

タロットカードの悪魔のように。

位置的に不適切ですが、鬼門や官鬼も似たような作用をします。

この位置を使って再生する効果を狙うのです。

ただし、理論的にはいいけれど、そう上手くいくかどうかは微妙なところです。

生贄から契約まで、何かを捨てて、何かを得る。

捨てたときに、実は何も持っていなかったこと、全てを持っていたことに気付くのはいつのことでしょうか。

太陽の再生に向けて、愚か者は愚考します。

|

占いを活用するポイント

某所で掲載されているんでしょうけど、私は書くだけで確認していません。

なんで一部抜粋版です。

★イエス/ノーの判断を求めるタイプ

このタイプの占いは、占うタイミングが重要です。良い例を活用すれば、的中率を向上させることができます。                       

<占って良い例>

※気になる相手から何らかのアプローチがあった時

※友達や知り合いから、気になる相手についての話が偶然あった時

※いつもと違う強い胸騒ぎがあった時

<占って悪い例>

ただ、ぼーっと占いたくなった時(胸騒ぎがあれば別)

※状況に変化がないのに、ただ占うこと

※知りたい視点を変えずに、何度も同じことを占うこと

(視点を変えれば何度でも大丈夫です)

★時期的な判断をするタイプ                              

<良い例>

※その時期がくるまで、少しでも良い状況作りのための種まきをすること

※予想される時期には、自分から積極的に活動すること

<悪い例>

※予測される時期まで、何もしないでいること

※できることを探そうとしないこと

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »