« 2006年8月 | トップページ | 2007年2月 »

人生の尺度

占星術の未来予測では、地球の自転を基準に考えるものがあります。地球は、およそ一日で一回転します。細かい数字を丸めると、およそ一日で360度となります。ここで占星術的には、恐るべき発想をします。この360度は、そのまま360年に対応させるのです。かなり飛躍した発想ですが、これが実践的に適合したりすると不思議な気分になります。

もちろん、360年間生きる人など仙人かヨギくらいなので(笑)、普通は90年前後を考慮すれば十分です。そうすると、この90度は約6時間くらいになります。オギャーと生まれてから6時間後までの地球の自転運動が、一生涯(およそ90年)に起こる大きなイベントを示していることになります。よく考えると不思議ですよね。

もちろん、事はそう簡単ではありません。過去にも様々な人が微妙な数値の調整に取り組みました。トレミー、カルダン、ナイボット、プラシーダス、ケプラーなどです。細かい使い方、設定の仕方は置いておいて、少し数値をみますと、

トレミーは1度を1年

カルダンは1度を1,0135135年

ナイボットは1度を1,01456164年

プラシーダスは・・・っと、書くのが面倒なのでやめます。

ここで他の占術に目を向けてみますと、やはり似たような設定をしています。例えば四柱推命。この四柱推命の大運では120年が設定されています。この120を10年ごとに分類したり、あるいは5年ごと、また流派によっては年数の設定を可変的に変化させたりもします。120年というとインド占星術のヴィムショッタリー・ダシャーも120年です。インドは、これはまた凄くって、色々な単位のダシャーがあります。とまあ、色々な人生の尺度があるものです。

なぜ、人生の尺度について書きたくなったかというと、最近、遺伝の本を読んだからです。そこには、一卵性双生児の人生についてのレポートが、いくつか書かれていました。一卵性双生児は、ご存知のように遺伝子的には、まったく同じです。その一卵性双生児が遺伝的な影響と環境的な影響の両面から、どのような人生を歩むのか。とても興味があるところでした。なかには驚くべき類似性をもった人生を歩んだ例もありましたが、それほど似かよった人生を歩まなかった例もあります。そこから、遺伝的な影響もあれば、環境的な影響もあることが伺われます。

翻って、占星術の未来予測で考えて見ますと、これもやはり遺伝子のようなものだと考えることができます。どこまで星は決定しているのか。昔から議論され続けた決定論、宿命論の問題です。

私は、今のところ、ある程度は遺伝子的に決まった運命のスケジュールはあっても、それは、ある程度変化する幅をもったもので、その幅の中で、自由意志を持って改運することができるのではと思っています。

完全な決定論、宿命論だと、占い的な開運、改運方法も、その運命のスケジュールに組み込まれていたものであり、開運したという実感も体験も、すべて既に決定されていたものということになります。また、すべては意志の力で変わる。人生に決まっていることなんて何も無いという立場だと、もちろん開運などはあり得ることで自由に好きなように生きることができます。しかし、そうなると生年月日から人生のスケジュールを予測する技法は、すべて成り立たなくなります。もちろん、この場合、意識のポイントを変化させるなどという要素を導入しない上での考えです。結局のところ、私には本当のところはわかりません。難しいですねえ。

|

« 2006年8月 | トップページ | 2007年2月 »