« 占い師の日常? | トップページ | 田舎の楽しみ »

出生時間と出生時間の修正

 占いの種類によっては、出生時間が必要な場合があります。また、出生時間に敏感な占いでは、秒単位までみるものがあります。ただ、秒単位で出生時間が判明している人なんて皆無です。私の手元にも、秒単位で正確な出生時間が判明している人は数名分しかありません。

 さて、秒単位どころか分単位でも出生時間がわかる人は少ないものです。母子手帳に記載されている出生時間ですが、平気で5分から10分くらいズレています。これでは、秒単位でみる占いなんて成立しないと考えてもおかしくはありません。

 けれども、世の中には執拗な技法(殆ど執念!)もあったもので、出生時間の修正というものがあります。レクティファイと呼ばれるものです。ここ数日、机にかじりついて出生時間の修正を試みていました。数日前に、頼んでいた船便の本がやってきて、そこに面白いレクティファイ技法があったので、へーとばかりに試していたのです。詳細を書くことは膨大すぎてできませんが、簡単に説明しますと、こうです。

 まず、人生上の主要な出来事を何年何月くらいのレベルで書き出します。できれば、十個くらいあると便利です。結婚、離婚、出産、怪我、事故、入院、出世、当選、失恋、身内の悲しい死など、特に心に印象深いものがいいでしょう。こうやって人生上の主要なことを書き出してみると、悪いことの方が鮮明に覚えていますね(笑)また、その方が占い上でも分析しやすかったりするのが不思議です。特に占星術で説明すると、月の位置、ASC、MCの位置が修正の鍵になります。

 その人生上の主要な出来事と占い上のロジックで導き出された出来事の発現期のズレを調べます。ここがなかなか大変なところです。あーでもない、こーでもないを繰り返していくと、だんだんズレが小さくなっていく収束点が見つかってくるのです。こうやって修正された出生時間を使えば、未来予測の精度も上がるはず、と考えられています。ここで修正された出生時間は、あくまでも占い上で出来事を説明しやすくなった、ということにすぎません。実際、本当の出生時間なのかどうかなんて神様しかわかりませんよね。ただ、正確な秒単位の出生時間を数名分持っていますが(分娩室にて採取!!)、それなりに秒単位の意味もあるようです。

 こうやって考えてみると、2時間単位で出生時間を絞り込む多くの東洋占は、実用性という点では、大変優れているように思います。

その生年月日出生時間から、どんな情報を引き出そうとしてるの?

その情報だったら、これくらいの精度で十分に実用に耐える。

と、こんな感じで作られているようなのですが、こういうい実用主義は、本当にすごいと思います。

結論

秒単位で出生時間を修正することには、それなりの意味はあるが、あまりにも時間が掛かりすぎるので、実用性という点では、難しいものがある。まあ、私は物好きなので、やってみたくはなりますが。といった感じでしょうか。

|

« 占い師の日常? | トップページ | 田舎の楽しみ »

西洋占星術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。